人気ブログランキング |
<   2007年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧
改善の余地あり!orz
CWS-Xのファイルを差し替えました。。。
(エディタにバグ発見でorz)

PCMテストのドラム版が前のままでした。
なのでまた修正しました。

・・・やはり、エディタのほうはまだイマイチな
感じです。(もう少し改善をしてみようかな?)

―てか、改善の余地なかったら、ソフト創る意味ないやん(´д`;
”完全にバグなし”なら話別やけど―


文句はさておき、
昨日、機能の説明で説明しきれなかった部分があったと思うので
ので思い出しながら話します。

まず、設定保存機能で残せる設定ですが、
以下が残せます。

・読み込まれたMIDIデータのパス
・読み込まれたマップデータのパス
・設定した音色(双方)
・設定した周波数
・設定した音量(双方)

(裏話では、設定を読み込んでからもMIDIデータは
選択しなおすことができるので、同じ音色の曲のときは
このほうが楽です。さらに言いますと、ソフトの仕様上
設定を読み込むとこれまでの設定(上の設定)は上書き
されてしまいますので、D&Dをするときは気をつけましょう!)

次に、更新によって使えるようになった
機能は、画面バグで使えなかった「ツール」
機能です。

これは、単純によく使用するソフトのパスを
残すもので、登録されたパスからソフトを起動することが
できます。
(勿論、サウンドツール以外にも使えますが)

さらに言いますと、システムツール(ボリュームコントロール等)は
ファイル名(sndvol)を入力して保存するだけで使えるようになっています!

これらを利用して、CWS-Xをより使いやすくしてみてください!!
by mu-tan_theta | 2007-10-31 00:08 | ウェブ更新情報
!!
今日の朝に過激な夢を見ました・・・。
(二度寝の癖はまだ治ってません)

※以下は夢での話です。真に受けないで下さい。

学校
by mu-tan_theta | 2007-10-30 12:37 | ココロノート
CWS-X遂に完成!
ふぃー`ノ っ・・・久々の登場です!
(完成させるために集中してました;)

CWS-Xの概ねのバグを取り除きました。
(しかし、どれを見ても・・・(ry(;^ω^))

画面バグ → フォーカス移ってなかっただけ;
GetHzバグ → バッファの格納ミス(足りなかった);
停止バグ → 命令の使い間違い; ・・・まぁ、使えなくもないけど。
上書きバグ → 操作する変数の書き間違い;

・・・とまぁ、初歩的人為的ミス><;

結果的には使いやすくなったことに変わりは
ありません!

そして新たに設定保存(読込)機能を追加しました。
これは入力した設定を個別のファイルに残すという
ものでiniとは若干違う方法で保存します。
・・・これで始めから何度も入力する手間を省けるように
なります。(詳しくはヘルプをお読みください)
ちなみに、サンプルとしてj-Rock.midの設定が
保存されています。
(今、気がつけばヘルプと拡張子が似てるしw;)

そんなこんなで、より使いやすくなったCWS-Xを
ぜひ使ってみてください!(≧▽≦)b



ぁ、そうそう。
波形生成ソフトを弄っていて新たな音色ができたので、
アップしました。

>ProglessPad.pcm

前衛的で不思議な感じの音色です。
効果音にも是非vー

これからの予定はCWS-Xの更新版はそれぞれ
32音色まで同時に使えるようにして(何かこっちが
簡易版(?)みたいな;(ry)簡易版のほうは
ミニプレーヤーデザインの全音色総読込にしたいと
考えています!
(もしサーバーが完成したら新たなサービスとか
始めようかな? ・・・音色wikiみたいなwww
(誰か来るといいけど(ぁ;)
by mu-tan_theta | 2007-10-30 00:56 | ウェブ更新情報
もうしばらくお待ちを!><;
今日病院(心理作業)へ行ってきましたが、
何だか疲れました。

普段あまり動くこともないので、ちょっと不安
でしたが、卓球をやりました。

とりあえず、周りの人にやり方を教わりながら
やることができましたが、急に3戦ぐらい
やることになって帰ったら完全にばったんQ
です・・・。(もうすでに筋肉痛ですorz)

やはり、時々何かしたほうがいいですね~。

「・・・。」

さて、ウェブのほうですが、
上のようなこともありまして忙しく、ほとんど
作業してません。。。

CWS-Xのほうは何とかヘルプも出来ては
いますが・・・全体的に気になる点がいくつか
ありますのでもうしばらくお待ちください!

(面倒だったエラーや設定も大分修正できている
ので前よりは使い心地がよいかと(ry)
by mu-tan_theta | 2007-10-23 23:42 | ウェブ更新情報
「号外PCマニア」ではありませんがorz
「号外PCマニア」ではありませんが、
パソコン関連ということで;
(カテゴリ増やそうかな?w;)

さて、久しぶりにCWSの話に戻りますが、
やはりVBの基礎をやっていて「報われたなぁ」と
思いました。

まず、古い環境のデバックですが
現在のところ、開発環境が飛んでしまっているので
古い環境から改めて作り直しています。
その中でのバグが前の時よりも見つけやすく
なった気がします!

そして、今まで直せなかったバグですが
CWS-Xは今まで原因不明としてきた
「PC#10以降の周波数読み出しにエラー」という
バグが残っていましたが、今日改めて確認したところ
原因が判明しました。(これは、次回のアップの時に
告知します)

(その他の「操作を間違えると強制終了してしまう」現象は
仕様なので勘弁してください(><;)

ということで、大体前の環境に近づけつつあります。
あとは新たに付ける予定の「設定保存機能」とヘルプが
完成次第アップします!

今後もよりよい開発をしていきたいと思います!

ぁ、簡易版は別に創る予定でいます。
(更新版との違いは、読み込むファイルが変わることと
全てのPCを読み込んで動作することくらいです。その
他は更新版のファイルを引き継がせることもできます)
by mu-tan_theta | 2007-10-19 02:10 | 号外自作PC+
席を外していました; ―(退席中)
Say.It's literal.(欧米か!!;
(本格的にやろうとVisualBasicを始めたもので;
ちなみに↑の訳は「はい。文字通りです」かと。恐らく;)

最近、心理作業療法へ行ってまして、
(週2回ですが)慌しくて書いていません
でしたorz
(病院のほうは、カウンセリングがそろそろ
終わりそうです。解決はしきれていませんがw;)

ぃゃー、それにしても・・・
入院した時の事がここまで長引くとは思って
いませんでした。。。(まぁ、半年ぐらい入院してましたし)
―読むほうも書くほうも少し疲れてきています。よね?―

あの病気は本来は復帰まで1年ぐらいは見たほうが・・・と
言われていたものを「驚異的回復力」と「諸々の事情」で
早めに出てきました。

(もう一言言わせて貰うと、「あの病は山を越えれば基本的に
回復して特に問題も出ない(・・・だろう)」と言われていましたが)

・・・書くほうも(いろんな意味で)しんどくなってきたので
この話題の続きは時々、書いていきたいと思います!
(勿論黄色で、タグも付けて)

・・・何だか、書き終えてから書こうと思っていたことも
若干でては着ていますが。。。まぁ、そんなこんな(^ー^;
by mu-tan_theta | 2007-10-18 00:00 | ココロノート
思わぬ罠
ガタガタガタ・・・ Σ(゜д゜;||| ぎゃー

最近、雷の音に敏感になりました。。。
(特にバックアップをとる前とか)

と、言うわけで
多忙&天候不順で書けませんでしたorz
(理由にもなってません。。。
ちなみに、雷が鳴り始めたときに最近は
LANケーブルを抜いて(タップの)電源を切り、
バッテリで作業をしています
!)

さて、早速書きましょうか。
(過去についての記述はわかりやすく黄色く
していますb)

―――

進んだリハビリをするために、別の病院へ
転院することになりましたが、協力病院からは
受け入れを拒否されたため、(某有名)大学病院へ
転院することとなりました。

また、その病院ではまずはじめに個室へ通されて
後日の検査結果では「MRSA(院内用語で「M」)」に
感染していると判明し、しばらくの間※半隔離状態で
過ごす事になりました。。。

※接触感染なのでまず、アルコール消毒と嗽が徹底されました。。。
さらに、院内の徘徊も禁止されました。後に解除されますが、
原因も分からなければ特に対処(治療)された憶えもありませんOTL

余談ではあるが、この病院ではパソコンの持ち込みが可能
だったので途中で持ち込んで作業(主に作曲でMortuaryや
現在の曲の基になった曲を創ったりしてました)をやったり、
音楽(DVDも)で気を紛らわせたりと活躍してました。

そして、1週間後(くらい)からはリハビリが始まりました。
はじめはまず、閉塞カニューレ(話せる)を長く付けていられるように
することから始まりました。
閉塞カニューレは今まであまり付けていなかった(というのも、これは
今まで酸素濃度が低い状態にあったため、2箇所で呼吸していたものを
一箇所にすることで話せるものなので、急にやってしまうと呼吸困難

なってしまうため)なのでここから徐々に話せるようにもっていこうという
ことから始まったわけです。

それから1・2週間後(くらい)には、長く付けていられるようになったので
リハビリは次の段階へと進みました。

リハビリはここから今までの2種類(運動療法と言語療法)から作業療法が
増えて3種類となり、さらに忙しくなってきました。
運動では「車椅子なしで歩けるようになること」、言語では「嚥下障害(飲込み
に関する異常)の克服」、作業では「文字をかけるようになる」を目標に
訓練をしてました。。。(続)


病名
by mu-tan_theta | 2007-10-15 03:00 | ココロノート
リハビリ

耳鼻科病棟に移ってからは、
麻酔も使われなくなり、比較的
自由が利くようになりました。
(まだ、座ることはできませんが)

この頃から検査が少しづつ増えて
いきました。
眼球運動(始めのうちは顔も同時に
動いてたっけ;)や検温、酸素濃度の
測定、栄養カテーテルの交換(内視鏡
みたいに鼻からはいってました。。。)
カニューレの交換・・・(ry

そして、体調も安定してきて1週間後
(くらい)からは運動と言語のリハビリも
本格的に始まりました。
運動療法では自力で起き上がることを目標に
また、言語療法ではカニューレをつけたまま
話せることを目標に訓練が始まりました。

どちらも、時間は掛かりましたが
運動のほうはクリスマスくらいには大体
できるよう(車椅子に乗れるまで)になり、
医者からは「驚異的な回復力ですね」と
まで言われるようになりました。
(運動のほうはさらに進んで、年の最後には
立てるようになるまでいきました。さすがに
歩くのは危険でしたが)

車椅子に乗れるようになってからは、
院内もちょくちょく廻ってました。
お気に入りは外の見える窓で
夜になると夜景を見ながら物思いに
耽るのが好きでした。(外に出たいなぁ、と)

そのうちに、さらに進んだリハビリをするために
リハビリ科のある病院に転院することが決まり
正月過ぎの次の年には転院しました。
(転院する審査のためや移動には救急車で
移動しました。。。元気のあるときの救急車は
乗り物酔いしそうでしたorz) ・・・ (続)


その時の日常
by mu-tan_theta | 2007-10-13 02:18 | ココロノート
補足情報(ぇ
さて、昨日の記事を読んでいて
いくつか重要な項目が抜けていた
ので、書いていきます。

えっと・・・まず、回復する前ですが、
あと2・3日が山です」と医者から
言われたそうです(これは、私に対して)
(そして数日後に、私の隣に寝ていた
親戚が息を引きとったそうです;)


次に、見当はついているかと思いますが、
ここでの回復とは、炎症がひいたことを
指しています
。・・・なので、体を動かすこと
だけでなく話すこともできません。移動は
勿論ベット移動でした。。。
(栄養は点滴から栄養カテーテルで胃に直接
送る方法に変わっていたようです)

気孔切開手術後は喉に穴が開きましたが、
このままだと大変(ぃゃ、自然に閉じるだけ;)
なのでカニューレという器具を付けました。
―後にこれのお陰で話ができるようになります―
開いたときには痰などが沢山でてきたそうです



・・・何だか、日本語がだんだん怪しくなって
きたので今日は一旦これで(ぉぃぉぃ;
―ぁ゛ー#・・・疲れたorz(´ー`)ノ―
by mu-tan_theta | 2007-10-11 23:18 | ココロノート
空白の時間(トキ)

着いた先の病院のMR検査でも、
やはり「原因不明」だった
ようです。
(ただ、脳幹部で炎症が見られたため、
髄液を採取して検査機関へ運んだ
らしいです)

そして、私は内科・脳外科・耳鼻科の
医療ミーティング(?)により、全身麻酔で
眠らされることとなりました
。。。
(この間、他に施された処置は「人工透析」や
「生命維持装置の装着」、「点滴」
でしたが
もちろん本人である私には一切記憶が
ありません。また、この時にお見舞いに
来られた方からは「見ているだけでつらい」と
言われました)

全身麻酔の数週間後(恐らく)、一旦麻酔が抜かれ
目を覚ました私ですが、この時視覚のほとんどを
失っていたのでこの時の記憶も疎らです。
(途切れ途切れに麻酔を抜かれているので記憶が
断片的なんです・・・)

この時の記憶は「見えますか?」と聞かれた事や
「親戚がお見舞いに来た」ということぐらいです。

ある程度視力が回復してからはテレビを持ってきて
貰うよう頼んだり、看護士さんとの会話をしていたことを
何となく憶えています(内容までは憶えていません)。

ただ、完全に直ったということではなかったので
何回かは個室と緊急医療室を往来してた
聞いています。
(その内の一回は、親戚の人に足をくすぐられた
ということと、部活の先輩が来たが母に追い返されて
しまったということも憶えていますorzそれとこの時は
熱が出ていたようで「熱い!」と暴れたことも何となく;)

そうしているうちに、回復して今度は耳鼻科へ入ることに
なりました。(呼吸の関連で。気孔切開手術もされたようです)

・・・(続)。


コラム
by mu-tan_theta | 2007-10-10 23:45 | ココロノート